ロバート・ダウニー・Jr、トム・ホランドはスパイダーマンに適役!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバート・ダウニー・Jrは、トム・ホランドがスパイダーマンを演じるのに「完璧な男」だと賞賛している。日本で8月11日から公開予定の『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンことピーター・パーカー役を演じているトムに対し、アイアンマンでお馴染みのロバートは、アイコニックなスパイダーマン役としてトム以上の適役はいないとニュース・コープ・オーストラリアに語った。「トムはスパイダーマンとして適役だよ。だって熱くて、賢くて、恵まれていて、さらにダンスやアクロバットなんかの経験も持っていて身体能力も高いからね。新たにこの役を演じるにあたって要求されるものを持ち合わせているんだ」

一方のトムも、同作でアイアンマンことトニー・スターク役を演じたロバートと共演したことが嬉しく、さらにロバートが人気シリーズに出演するプレッシャーを取り払ってくれたと話していた。「ロバート・ダウニー・Jrは本当に偉大だよ。撮影中もいつも支えてくれたんだ」「『スパイダーマン:ホームカミング』の撮影中、特に自分の能力に疑問を持ってしまう時が何回かあったんだ。こういう瞬間がみんなあるよね」

「ある日ロバートは僕を脇に呼んで『いいかい。やらなきゃいけないんだ。君がやるべきことなんだよ。『アイアンマン』を撮影した時に僕も同じ気持ちになったことがあった。似たような不安だよ。でもきちんと理由があって君は選ばれたんだ。君が適役だ、みんなが君ならうまくいくって思ったからだよ。大事なことは、スパイダーマンの技やスタントをどれくらい上手にやれるかってことじゃなく、君がこの役にどんな人格を投影できるかってことだよ』って言ってくれたんだ」

「おかげで怖さは減ったよ。アイアンマンからこんな賢明な言葉をもらったら忘れられないものさ。心の中にしまいつつ何度も思い返すと思うよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop