スティーヴン・スピルバーグ、『メン・イン・ブラック』のスピンオフ作を製作へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーヴン・スピルバーグが『メン・イン・ブラック』のスピンオフ作のプロデューサーを務めるようだ。オリジナル3部作で製作総指揮を務めていたスピルバーグが、『アイアンマン』などで知られる脚本家のマット・ホロウェイとアート・マーカムと共にシリーズ最新作を手がけているとザ・ハリウッド・レポーターが報じた。

オリジナル作ではトミー・リー・ジョーンズがエージェントのK役、ウィル・スミスがJ役をそれぞれ演じていたが、2019年5月17日公開予定と発表された新作では新たなキャラクターが中心となるという。

そんなスピンオフ作の製作が明らかになった『メン・イン・ブラック』だが、先日にはオリジナル版を手がけたバリー・ソネンフェルド監督が、ウィルに主役を演じてもらいたかったことから、候補に挙がっていたクリス・オドネルにオファーを断るように仕向けていたという裏話を暴露していた。「スティーヴン・スピルバーグが僕にクリスと食事に行って、あの映画に出るように説得してくれって言っていたんだ。でも僕はウィル・スミスに出て欲しいと考えていたから、クリスには僕があまり良い監督ではなく、脚本もイマイチだから、他の作品の話もあるのなら『メン・イン・ブラック』は引き受けるべきじゃないと言ったんだ」「翌日彼はオファーを断っていたよ」

そのインタビューの際、ソネンフェルドはシリーズ第4作目の興味も示していたが、ウィルと自身が参加することはないだろうと口にしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop