スパイス・ガールズのエマ・バントン、ソロ曲をレコーディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイス・ガールズのエマ・バントンが新しいソロ曲をレコーディングしたようだ。エマは昨年再結成したスパイス・ガールズの活動が本格的に始まるまでゆっくり待っているつもりはないようで、1人でスタジオ入りしたという。

楽しみながらレコーディングを行ったというエマは、ヒット曲が生まれることを願っているようで、イギリスのテレビ番組『ディス・モーニング』で、友人のホーリー・ウィロウビーとフィリップ・スコフィールドからインタビューを受けたエマは「これを口にするのは初めてだけど、またスタジオ入りしてるの」「1人でスタジオ入りを楽しみながら、何か生まれないか様子をみてるとこ」と話した。

また、エマはスパイス・ガールズとしてのカムバックプランについても触れており、メラニー・ブラウン、ヴィクトリア・ベッカム、メラニー・チズム、ジェリ・ハリウェルと共にステージに戻りたいと明かしている。「間違いなく計画はあるわ。でもやるならちゃんとしたことをしたいからすごく難しいの。でもヴィクトリアも何とか参加してくれるはずよ」「ツアーは分からないけど、いくつかライブができれば素晴らしいわね。グラストンベリー(フェスティバル)のヘッドライナーなんていいわね」「そういった機会は素晴らしいわ。ジェリやメルCと一緒にメルの家のキッチンにいたんだけど、『何をする?』って話をしてたくらい。みんなすごく興奮しているけど、ちゃんとしたかたちで確実にやることが重要なの」

一方のブラウンは、同グループが9月までにステージに戻って来るとして、「契約は結んだし、私たち5人はまたステージに立つのをとても楽しみにしているの」と先日コメントしていた。

2007年から2008年にかけて再結成ツアーを行ったスパイス・ガールズが最後に5人揃ってパフォーマンスを披露したのは、2012年のロンドンオリンピックの閉会式だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop